前へ
次へ

大人でも虫歯になるので注意が必要

当然ですが大人でも虫歯になり、症状が進行してしまうと歯の喪失につながることがあるので、歯の手入れをき

more

虫歯ができにくい人の特徴

こまめに歯磨きをしているにも関わらず、虫歯ができてしまう人もいます。
しかし逆にあまり歯磨きに

more

虫歯を予防する方法を知っておく

虫歯は初期の段階では自分でも気付きにくいです。
症状もほとんどないので、初期の段階で歯科医院に

more

虫歯対策に日頃からデンタルフロスを活用する

いつまでも自分の歯をお口の中に残し、生涯を通してお付き合いするためにも、虫歯対策を若いうちからすることはすごく重要です。
ハブラシでのブラッシングはできるだけ3回の食事の後にするのが理想ですが、1日の終わりに使いたいアイテムがあります。
デンタルフロスは優秀なアイテムであり、ハブラシが無くてもデンタルフロスは必ずしたほうがいいとアドバイスをする、歯科医や歯科衛生士もいるくらいです。
磨くのは歯の表面の印象ですが、歯と歯の間に溜まった汚れを除去する必要があります。
虫歯治療で歯科医院へ行ったときに、痛みが強いと子供だけではなく、大人でも我慢ができない時があります。
口を開けての治療中ですから、声に出して痛みを訴えることはできません。
そこで使いのが自分の手で歯科医にSOSをおくる方法であり、左手をあげて痛いことをうったえます。
右手はあげてはいけないのは、治療中の歯科医に手が当たってしまうためです。
大人だから我慢が必要なわけではなく、痛い時には伝えて対処をしてもらうようにします。

患者様に喜ばれる歯医者を目指す田町のK's歯科クリニック


患者様一人一人に合わせた最良の歯科治療を低価格で提供する心斎橋の歯医者です。

練馬の整体院とんとんで身体を整えよう
まずは試しに足をお運びくださいませ

札幌で介護のパートをお探しの方へ
未経験でも始められるお仕事、紹介しています

砂糖や甘いもので虫歯ができるのが知られていますが、お口の中に食べ物が入っている時間が長ければ長いほどリスクを高めてしまいます。
飽食の時代を生きる現代人は、常に身近には美味しくて安価ですぐ食べられるもので溢れているので、食事以外の間食をする頻度も高いです。
こまめにチョコを食べたりクッキーを掴んだり、菓子パンを食べたりジュースを飲んだりしていると、常に糖は口の中にあるので、歯を溶かしてしまう元になります。
できるだけ間食は控えること、1日を通して食べつ付けないようにすることです。
ドラッグストアで安価な価格で買うことのできるハブラシですが、気にしない人はずっと同じハブラシを使い続けることがあります。
段々とハブラシのブラシ部分が広がってくるので、歯の汚れを落としにくくなるため、定期的にハブラシは交換をすることです。
もしもブラシ部分が広がり過ぎのハブラシを使うと、虫歯の原因の汚れを取り去ることができなくなります。
目安としては1ヵ月に1回は新しいハブラシにして、しっかりと歯磨きをすることです。

Page Top